時代の最先端技術

先日の報道ステーションで、介護ロボット開発の特集を見ました。
私自身も介護関係の仕事をしているだけにすごく興味深かったです。

取材されていたのは、大阪の「マッスル」という会社。
イチオシの介護ロボットが、ベッド〜車椅子間の移乗ロボット「SASUKE」と排泄ロボット「LOVE」。

介護ロボットは、施設であれば介護職員の負担軽減となり、さらに業務に追われる事も無くなるため今まで目を向けられなかったケアにも積極的に取り組んでいけるというメリットがあります。

さらに、在宅での介護ロボット使用は社会問題ともなっている老老介護に一役買ってくれる可能性があります。
マッスルさんは介護保険の申請をしているそうなので、もし介護ロボットが介護保険で利用できるとなると在宅での介護がかなり身近なものになることでしょう。

高齢化社会が進む一方、介護疲れなどの事件も後を絶たない現代において、解決の一端を担う事業になればと思います。
それにしても排泄ロボットのネーミングが気になります。
なぜLOVE…(´・ω・`;)