月別アーカイブ: 2013年9月

時代の最先端技術

先日の報道ステーションで、介護ロボット開発の特集を見ました。
私自身も介護関係の仕事をしているだけにすごく興味深かったです。

取材されていたのは、大阪の「マッスル」という会社。
イチオシの介護ロボットが、ベッド〜車椅子間の移乗ロボット「SASUKE」と排泄ロボット「LOVE」。

介護ロボットは、施設であれば介護職員の負担軽減となり、さらに業務に追われる事も無くなるため今まで目を向けられなかったケアにも積極的に取り組んでいけるというメリットがあります。

さらに、在宅での介護ロボット使用は社会問題ともなっている老老介護に一役買ってくれる可能性があります。
マッスルさんは介護保険の申請をしているそうなので、もし介護ロボットが介護保険で利用できるとなると在宅での介護がかなり身近なものになることでしょう。

高齢化社会が進む一方、介護疲れなどの事件も後を絶たない現代において、解決の一端を担う事業になればと思います。
それにしても排泄ロボットのネーミングが気になります。
なぜLOVE…(´・ω・`;)

うーん、大丈夫?

今日、退勤時間直前に後輩が号泣していました。
ビックリしましたが、私も手が離せなかったのでバタバタ動いていて、やっと落ち着いた頃に後輩が近づいてきたので「大丈夫?」と声を掛けたんです。
するとどうやら認知症の入居者さんの対応に手こずったのがきっかけで泣いてしまった、と。

きっかけというのは、最近入居者さんの対応がうまく出来なくて精神的にちょっと参っていたんでしょうね。
「今はこういう時期なんです」とかって自分で言っていました。

元々、自分で感情をコントロールするのが難しい子で、時々カーっとなって泣いてしまうのを知っていたので正直「あぁまた…」といった感じでした。
最後には「休みが欲しい…」とシクシク。

確かに他の職員が長期休暇だったり新人さんでシフトが回せなかったりで、他の職員にしわ寄せがあったのは事実なんです。
で、夜勤明けの次の日は仕事…という勤務が続いていたみたいなんですよね。

でも私にはどうしようもない事なので、「あんまり無理しないでね」としか言えませんでした。
上司に相談してみようかな(´・з・`)

苦手なんです

私、あまり仲良くないのに馴れ馴れしい人が苦手なんです。
警戒しちゃうっていうか…。
最初は「いい人だなー」なんて思わせておいて、結局性格悪いパターンの人が私の周りに多かったせいでもありますが。

職場にもそんな子がいるんです。
彼女は部署が全く違うので殆ど会う事もないのですが、顔を合わせる度に話しかけてくれるんです。
いや、いいんですけどね。

お互い名前は知っている位の存在だった時、急に向こうから「○○さん(私)ってFacebookやってますか?友達申請してもいいですか?」って。
その次に会った時は「LINEやってますか?私のID検索してみてください!」って。

その時既に苦手な雰囲気は感じていたんですけれど。

そんな流れで顔見知りっぽくなって「遊びましょ!」ってLINEが来たりしています。
遊ぶのはいいけれど、私名前しか知らない人とおしゃべりできる自信がありません…。
向こうは結構しゃべってくれそうだけど、超ストレス感じそうなので無理かな(´・ω・`;)